今注目されている太陽光発電を自宅に取り付けてみたい

見積もりを確認する

ソーラー発電

取り付ける屋根や壁、気候条件などの違いによって、太陽光発電システムの導入費用はそれぞれの建物ごとに違って来ます。いわばオーダーメイドの商品であるため、全国一律の価格というものがありません。 これが原因で、施工費用で無題に高い費用を支払ってしまう失敗例もあります。適正な価格で工事を太陽光発電を購入して、取付工事を依頼するためには、複数の業者への見積がとても有効です。 いわゆる相見積と呼ばれるもので、これを嫌う業者もありますが、そのような業者は自社の工事に自信がないところも多いため、場合によっては避けても問題ありません。 相見積を行うことで、それぞれの施工業者の工事内容を比べることができ、太陽光発電導入のための適正価格の見極めができます。

パワーコンディショナーは太陽光発電パネルによって得られた直流電流を、一般の家庭などで使用できる交流電流に変換するための設備です。インバータと系統連系保護装置や絶縁変圧器で構成されています。 パワーコンディショナーは実は設置場所によっては電圧抑制が起こる恐れがあります。電圧抑制とは出力を抑えるための機能で、直射日光の当たる場所や温度の高い場所に設置すると起こりやすく、その場合は一時的に売電できなくなるデメリットがあります。 そのため電圧降下が起こりにくい場所に設置するのが重要で、なるべくパワーコンディショナーの温度が上がりにくい、涼しい場所が理想の設置場所になります。また電力量計の近くにパワーコンディショナーを設置するのも、電圧降下防止に繋がります。